MMQ | 多言語問診票システム
HOME MMQとは 優位性 システム 使用方法
使用シーン
concept
外国人にとって、優しい日本へ<br>増加する訪日外国人の皆様に日本が誇る技術でおもてなし

ケガ、病気の外国人に対する問診票を15の言語に翻訳し、訪日外国人の方にお使いいただける多言語問診システム(MMQ)です。ケガ、病気の外国人が理解できる言語を選択し、自分自身の状態に見合った症状のチェック項目にチェックをいれます。
対応する日本人は、ケガ、病気の外国人がチェックした外国語の症状の項目に、外国語項目に併記された日本語で、状態をを素早く知ることができます。訪日される「妊娠中の方」「既往症をお持ちの高齢者の方」「小さな子供をお連れの方」が安心して宿泊、観光するために多言語問診システム(MMQ)が活躍します。宿泊中、観光中の急なケガ、病気のとき、日本人とコミュニケーションが取れないという潜在的な不安を取り除くことが可能です。

図1
MMQとは 優位性 システム 使用方法 使用シーン
news
2016.11.01
多言語問診システム(MMQ)β版のサービスを開始いたしました。
2016.11.01
多言語問診システム(MMQ)β版のアンドロイド版サービスを開始いたしました。
2016.11.01
多言語問診システム(MMQ)β版のiOS版サービスを開始いたしました。
2017.02.01
多言語問診システム(MMQ)のサービスを開始いたしました。
2017.02.01
外国人受入が出来る病院を検索システム(MMQ)のβ版を作成いたしました。
設置実績
2016.10.01
東京都新宿区内の大手小売店様のinfomationに設置(β版)いたしました。
2016.10.01
大阪駅前の大手ホテル様のinfomationに設置(β版)いたしました。
2016.10.15
京都府内の市立大学様の留学生課に設置(β版)いたしました。
2016.11.01
大阪市内のが免税店様のレジ横に設置(β版)いたしました。
2016.11.15
大阪難波駅前の大手ホテル様のinfomationに設置(β版)いたしました。
画像